PAGE TOP

BMWショールーム

今日は愛車のメンテナンスを兼ねて、久々に
北見BMWショールームを訪問。
少し街外れの閑静な住宅街にある為、行く時はドライブ感覚で
のんびりと。

10_20130809144612693.jpg

ディーラーさんのショールームは各メーカー色々とおもてなしが
されていて、いつも訪問するのが楽しみだ。
BMWさんとは、札幌の月寒BMWでお世話になっていたけど、
月寒も北見も、どちらもとっても雰囲気が良くて居心地は最高。

11_20130809144913bfb.jpg

当然、新車が展示されており、そのプレミアム感にわくわく。
今はちょうど320ツーリングワゴンと、新型5シリーズ、またX3が
展示されていた。
やっぱ新車はいいねぇ~
それにアルピンホワイトもとっても良い色だ。
運転席に座ってみたかったけど、さすがに勇気がなくてできなかった^^;

12_20130809145218fdb.jpg 13_20130809145259f0a.jpg

また、ショールームにはBM愛好家にはたまらない
オリジナルグッツの数々が展示されており、思わずへそくりで買っちゃいそうになってしまう。

14_2013080914555033c.jpg

居心地の良さは、こうしたディーラー賞を受賞して
いるのもあるのだろうか。
「車を買う時は、人で買う」という云われもあるくらい。

気持ちの良い時間をありがとうございました^0^



人気ブログランキングへ
[ 2013/08/09 15:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

桜木柴乃さんの本

先日、見事に「ホテルローヤル」で第149回直木賞を
受賞した桜木柴乃さん。
北海道は釧路出身で現在は江別に在住という、道産子作家。
素直に嬉しいというか、桜木さんの本を読んだことのある身としては
凄く納得の受賞である。

この受賞作「ホテルローヤル」は、実際に実家がラブホテルを経営していた
のを参考に描いたとも言われているが、その受賞インタビューにて..
「ホテル屋の娘で良かったです」と語った桜木さんにより一層好感が持てた。
ホテルを舞台にした男女の物語も読んでみたいと思わせる。

DSC_0744.jpg

その前に、個人的にお薦めするのはこちらのデビュー作「氷平線」。
出張の時、何の気なしに気になって買った6篇からなる単行本だ。

・雪虫(オール読物新人賞受賞作)
・霧繭
・夏の稜線
・海に帰る
・水の棺
・氷平線

出身地釧路を舞台に書かれているので、その風景や厳しさも
リアルに感じることが出来、何より6篇とも出て来る女性がとても切なくて
悲しくて素晴らしい。
これははっきり言って女性目線の物語集だが、男の自分が読んでも
なんだかとても静かな余韻に浸れる作品集。
これが後の「ホテルローヤル」に繋がったと言われても納得すると
思われます。

最近じっくりと腰を据えて本など読んでいなかったけど、
久しぶりに読んでみようかなと思った作家。
桜木柴乃さんのこれからのご活躍にも大いに期待してます!



人気ブログランキングへ
[ 2013/08/07 16:55 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)