PAGE TOP

ノラ.ジョーンズの歌声

昨夜の事、FMの番組表を何気なく見ていると
深夜の12時から「ジェット.ストリーム」がやっているではないか。
かつて城達也さんがナビゲーターとして語っていたあの雰囲気を
今は俳優の大沢たかおさんが引き継いでいたのだ。
情けないことにそれは2009年からであり、今頃になって気づいたという。

それにしてもジェットストリームは本当に心地よい番組である。
まさに真夜中の癒し処。
ホームページにはその日に流れる曲もリストアップされている。
それを見ながら聴くとより楽しいのだが、昨夜はある女性ヴォーカリストに釘づけとなる。

DSC_2800.jpg

彼女の名は「ノラ.ジョーンズ」
知ってはいたが、実はそれほど聴いていなかった。
2001年、アメリカ同時多発テロにおいて多くの傷を負ったアメリカ。
そんな中、2002年突然現れた心地良いジャズフィーリングに溢れたメロウな女性ヴォーカリストが
ノラ.ジョーンズであった。彼女の声はまたたく間に全米の心を癒し、翌年のグラミー賞においては
8部門受賞の快挙を達成するまでとなる。このアルバムは全世界で1800万枚の売上を確保。

若くして大きな成功を得た彼女だが、その後はバンドのメンバーでもあり恋人でもあった男性と
別れ、今は35歳となっている。当時自分で作曲していないのにこんなに有名になるなんて...との
ジレンマとも戦っていたようで、今はマイペースで曲作りをしているようだ。
改めてこのデビューアルバムを聴くと、とにかく1曲目の「Don`t know why」に魅せられてしまう。
目を閉じて聴くと、色々な風景が浮かぶように。

2002年の作品だが、今の時代だからこそ、
ノラ.ジョーンズの歌声が心に染みて来ます。


ちなみにピアノは彼女の演奏です。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2014/07/18 17:29 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する