PAGE TOP

映画「アルゴ」鑑賞

ハリウッドスターはたくさんいるが、その中でも
個人的に好きなのが俳優ベン.アフレックである。
なんだろう、彼の出る作品は何かが良いのだ。
また自身で監督もこなす為、クリント.イーストウッドにも通じる
ものがある。
特に好きなのが「ザ.タウン」「チェンジングレーン」。
この2作は本当にお薦めしたいが、今日観た「アルゴ」がまた素晴らしかった。

     91j0aF3kSjL__AA1500_.jpg

この作品、見事第85回アカデミー賞作品賞を受賞した傑作。
ずっと観たかったが、今夜とうとうWOWOWで放送された為、ちょうど今見終えたばかり。
ネタバレはあれなので、簡単なストーリーをネットより抜粋。

『イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIA工作本部技術部のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させるという作戦をたてる。』

10_20130921231006e9c.jpg

脱出の息詰まる作戦がスリリングに描かれ、
観ているこちらまでドキドキする。
これは実際にあった実話である為、とてもリアルだ。

11_2013092123130544b.jpg
【アルゴホームページより】

それにしても髭を蓄えてもベン.アフレックはカッコいい。
男らしいのだ。まだ若かりし頃の「アルマゲドン」は正直それ程好きにはなれなかったが、
等身大の男性を演じた「チェンジングレーン」で一気に良くなり、
銀行強盗ながら足を洗って生きて行きたい男を演じた「ザ.タウン」で完全にやられた。

今回の「アルゴ」は、責任感溢れる人質救出のプロCIA職員。
また彼の代表作が出来た気がした一作。
エンドロールも静かに感動。
さすがはアカデミー賞作品賞受賞です!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2013/09/21 23:06 ] 日記 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する